会社概要 沿 革 新卒採用 アクセスマップ 問い合わせ
新着情報
2009年7月16日
7月22日 皆既日食・部分日食についてのお知らせ

2009年7月22日、何が起きる!?

もう皆さん、ご存知ですね!
日本では奄美大島・トカラ列島・屋久島・種子島などの地域で皆既日食が観察できます。これ以外の地域でも日本全国で部分日食を観察することができます。
日本で皆既日食が見られるのは、1963年7月21日以来、じつに46年ぶりとなります(ちなみに、次に日本で皆既日食が見られるのは2035年です)。
今回の日食は絶対に見逃せないチャンスです!!

■日食を観察する際にご注意いただきたいこと■
  • 太陽を肉眼で見ることは非常に危険です。絶対に肉眼で日食を観察しないでください。双眼鏡、望遠鏡などで見ることも絶対にいけません。
  • 以前使われていた「ガラス板にススをつけたもの」「黒い下敷き」「CD」などは観測方法としては危険です。必ず既製品の「日食めがね」や太陽観察用の「遮光板」をご使用ください。
  • 誤った方法で観察をすると、失明などの重大な事故につながる可能性がありますので、十分ご注意ください。
  • その他、日食観察に関する注意・ポイントは、以下のサイトをご覧ください。
    世界天文年2009ホームページ 日食観察ガイド 「危険回避のために」

※なお、弊社では「日食めがね」は7月14日をもって完売致しました。
お買い上げ、お問い合わせ、ありがとうございました。
添付の注意書き等をよくお読みうえ、安全に日食観察を楽しんでいただきますよう、お願い致します。

■ナリカ的 日食の楽しみ方■
ナリカでは、“理科屋”として、この世紀の天文イベントを全社挙げて満喫しようと計画中です! 日食めがねを使っての観察はもちろんのこと、弊社で販売中のイージーセンスQ、平面鏡、ソーラースコープなどなど、ナリカ製品を使って日食を余さず体感しようと、現在企画中です。
どんな観察を行ったか、ホームページで発表しますのでどうぞお楽しみに!

(C) NARIKA CORPORATION