会社概要 沿 革 新卒採用 アクセスマップ 問い合わせ
新着情報
2009年9月9日
ナリカ的 日食の楽しみ方〜7月22日皆既日食・部分日食レポート
ナリカではこんな風に日食を“体験”しました!!

かねてからお知らせしていました「ナリカ的 日食の楽しみ方」。レポートがまとまりましたので、ご報告致します!
日食メガネを使った観察だけでなく、ナリカ製品を駆使したハイテク観測?まで、様々な方法で日食を体感しました。

●東京本社では・・・
東京都千代田区にある本社では、朝から厚い雲に覆われ、残念ながら日食を見ることはできませんでした。
あきらめきれない数人が屋上で曇り空を見つめながら、それでも雲の上で起きている天体ショーに心を馳せてみたり・・・。
社内ではNHKのストリーミングで、硫黄島と太平洋上から中継される、見事な皆既日食の様子を見ていました。画面越しでも、神秘的な光景に思わず歓声が上がりました。

●小山商品センターでは・・・
同じ関東地方でも、栃木県にある小山商品センターでは、日食を観察することができました! 約7割が欠ける部分日食を、この日のために用意した日食めがねを使ってみんなで観察。

●大阪営業所では・・・
日食の様子の写真は撮れなかったものの、ナリカ製品を使った観測を行いました。結果は「イージーセンスを使って日食観測!!」をご覧ください!

●福岡営業所では・・・
9割が欠ける部分日食となった福岡。訪問先の小学校の日食イベントに参加した社員、営業所から観察した社員もいました。

●海外でも日食観測!
ナリカ・サイエンス・アカデミーで講師をしてくださっている小森先生は、日食観測のために上海へ! さて、どんな結果が・・・? それは、「イージーセンスを使って日食観測!!」をご覧ください!

●イージーセンスを使って日食を観測!!
E31-6985イージーセンスQ を使って、日食の際に、温度、湿度、気圧、光、音にどのような変化が起きるか観測しました。
観測地点は大阪営業所、栃木県の小山商品センター、そして上海です。
【観測の条件】
イージーログ測定時間 9:30〜12:30
測定場所 地上・日が当たるところ

大阪営業所(大阪府) 小山商品センター(栃木県) 上海
※画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。
暗くなると、徐々に気温が下がり、気温が下がると湿度が上がっていることが分かります。日本国内の2ヶ所と海外1ヵ所での貴重なデータとなりました。

●こんな楽しみ方も!
気象庁ホームページ 「宇宙から見る月の影−H21/7/22日食時の「ひまわり」画像」
http://www.jma-net.go.jp/sat/data/web/suneclipse_observation.html

通常は1時間おきに画像が更新されていますが、この日は特別。15分おきに「ひまわり」からの衛星画像が更新されました(日食当時はアクセスが集中し、なかなか見ることができませんでしたが)。
月の影がインドあたりからアジアを通って太平洋へと移っていった様子がよく分かります。

●最後に・・・
「ナリカ的 日食の楽しみ方」、いかがでしたか? “理科屋”として、社員みんなで考えた日食体験でした。
皆様はどのように日食を体験されたのでしょうか? 天気が悪くて見えなかった、ばっちり“欠けた太陽”を見ることができた、などなど、それぞれに違う体験をされたと思います。
たとえ、実際に目で見ることができなかったとしても、太陽と地球と月が作り出す、奇跡のような偶然に感動することができたのではないでしょうか。

・・・さて、これで終わりではありません。日食は近いうちにまた見ることができます。それは、2012年5月21日の金環日食。しかも、この日食では、九州地方の一部、四国地方の一部、近畿地方南部、中部地方南部、東海地方の大部分、関東地域の大部分など日本列島の広い範囲に観測できるのです。
今回、あいにくの天候で見ることができなかった方も、すっかり日食に魅了されてしまった方も、次の日食を楽しみに待ちましょう!
そのときには、ナリカでももっとわくわくする日食観察をしたいと思います!

(C) NARIKA CORPORATION